「話す」ための中学英語の使い方

こんにちは

アンディーです!

 

今回は中学英語で話せるように

なるためのコツを紹介します!

 

突然ですが、中学英語さえできれば

英語はなんとかなるよ!

と聞いたことはありませんか?

 

     実はこれ、

   本当なんです!!!

 

英語を使う時、あなたは十分な

語彙を持っていると感じますか?

それとも、「知らない単語だらけ!」

と感じていますか?
 


日本人の大人の日本語の語彙数は、

およそ5万語と言われています。

これに対して、ネイティヴの大人の語彙数も、

同じく5万語とも言われています。
 


しかし、この日本語の語彙数というのは、

何年も何年もかけて培ってきたものですよね?

これを、英語でも同じ数だけ持とうとしたら、

かなりの時間と労力が必要だと思いませんか?

 


ちなみに高校の授業までしっかり英語を

勉強してきた場合の語彙数というのは、

約2000語と言われています。
 


これでも5万語には遠く及ばないですよね…

しかし!これに対して英語圏の5歳児。

 

英語ペラペラです。学校の先生、友達、

家族と、しっかりコミュニケーションを

とっちゃいます。
 f:id:yohei02265107:20200903120947j:image


そんな5歳児の持つ英語の語彙数は

いくつぐらいだと思いますか?

 

じつは、700〜1000語ほどと

言われているんです!
 


これは、日本の中学校で習う語彙数とほぼ同じ

で、日本の高校生の約半分。
 


つまり、中学校レベルの英語力

 があればもう英語は話せて

   しまうんです!

 

f:id:yohei02265107:20200903171811j:image

 

中学英語で話せるようになるコツは

大人的な日本語を大人的な英語に変換しよう

としないことです。

       

わかりやすくいうと、難しい言葉をすてて

簡単な言葉に変換しようってことです。

 

例えば、「賛成多数」と言いたい時

なんて言いますか?

 

ここで重要なのは、賛成と多数を

そのまま英語に変換しようとしないことです。

では何と言ったらいいのか?

 

「賛成多数」というのは、

賛成の人が多いということです。

つまり、この「賛成の人が多い」

ということを英語で伝えられればいいのです。

 

なので、

Most people said yes.

(ほとんどの人がイエスと言った)

 

もしくは、

A lot of people said yes.

(多くの人がイエスと言った)

 


このような感じで「多くの人がイエス

という状況を伝えられれば

「賛成多数」という雰囲気も

ちゃんと伝わってきませんか?
 

 これで充分伝わるんです!
 

難しい単語は捨てて、

簡単な単語に言い換える時は、

 

 

子どもに質問されたとしたら、何と答えるか。

子どもの語彙しか持っていないとしたら、

どうやって話すかを意識してみましょう!
 

 

知らないうちに「難しい単語もたくさん

覚えなきゃいけない」と、思い込んだ結果、

 

 

「あー、この単語がわからない!」

「自分の問題点は単語力なんだ!」

となっている方もいるかもしれません…
 

 

「あれっ?○○って英語で何て

言うんだっけ?」と詰まってしまったら、

子どもに「○○って何?」と聞かれたら

何と答えるか?を考えてみてください!

 

 

意外と、自分の単語力で表現できることの多さ

に驚くかもしれませんよ?
 

 

なるほど、中学英語である程度

話せるようになることは分かったけど、、、

 

「中学英語ができるか少し不安だな」

って感じている人や、

「中学英語もあんまり覚えてないんだよなぁ」

っていう人もいると思います。

 

そんな人にオススメなのが

JJ ENGLISH

 

 

中学英語がベースなので、

初心者でもハードルが低く、

成功の可能性が高い。 

 

文法の基礎がしっかりできている人なら、

2ヵ月程度で話せるようになる人も!

 

そして1番大きいのがなんと

100日間の全額返金保証!

 

もし自分に合ってなかったら途中で

辞めることもできるので

お試し感覚でできるのは大きいですね!

 

「英語で話せるようになりたいけど

中学英語もあんまりできないんだよなぁ」

 

って人はこちらからホームページをチェック

してから一度試してみる価値はあると

思います!

 

 

 

 

これをすれば英語で話すことが怖くなくなる!?

こんにちは

アンディーです!

 

今回は「英語で話すのが怖い」

から抜け出すコツを紹介します

 

このコツを知れば

 

英語で話すことに抵抗がなくなります

 

✅自分の英語が変だったらどうしようと

 悩むことこともなくなります

 

そのコツとは、

 

人の英語を「ここがまずい」と

論評しないこと

 

英語で使えるシンプルパターンが

増えていくにしたがって

話せる内容も増えていくことでしょう!!


しかし、、、日本人の場合

それだけではなかなか

スピーキング力のアップに

つながらないことが多々あります😅

 

f:id:yohei02265107:20200824113325j:image

 

というのも、日本人の

スピーキング力アップを

阻んでいる原因は

 

技術的な面よりも心理的な側面

大きいからです。この心理的

部分をクリアしていくことが

スピーキングの上達には欠かせません


「間違うと恥ずかしいから話せない」
ここでちょっと考えてみてください。

日本語を間違えて話すことはありませんか?🤔


日本語のネイティブスピーカーである

あなたもふだんの日本語で間違うことは

あるでしょう。ですから慣れない外国語

で間違っても当然っちゃ当然なんです!


だから、間違うことを恐れないでください。「外国人なんだから、間違って当たり前」

と開き直りましょう。

 

f:id:yohei02265107:20200824113641j:image

 

というよりかは
「まぁ人間なんだから

間違えることあるでしょ」

くらいの考え方でいいと思います!


他人の英語を「ここがまずい」と

論評すると、あなたも話せなくなる!?


僕自身の経験から、日本人が

英語を間違えることを恐れる

大きな原因として、まわりの目を

気にしすぎるという心理がある気がします

 

f:id:yohei02265107:20200824114352j:image

 

そこには、「恥の文化」ともいわれる

国民性が関係していると僕は思います。


また、日本人同士ですぐに人の英語を

論評することも、大きく影響している

のではないでしょうか


周りの人から

「君の英語、すごい日本人なまりだよね」とか

「文法的には、今のような言い方しないよ」

などと言われれば、誰だって

英語を話す気がなくなりますよね?

 

f:id:yohei02265107:20200824114624j:image

 

僕自身、英会話のクラスで

間違ってバカにされるのが怖くて

発言できないということがありました、、、


そういう妙な羞恥心を持っているかぎり

英語はなかなか話せるようにはなりません。


こうした羞恥心をなくすには

まずはあなた自身、人の英語を

論評するのをやめることです。


そもそも、あなた自身が他人の英語について

「発音違くね?」「文法間違えてね?」

といろいろ論じるから

 

「自分も論評されているんだ」

と思ってしまうのです。


人の英語を論評しているかぎりは

あなたも「周りの目」から

脱却することはできません!

 

そのことをしっかりと肝に銘じましょう❗️


他人のことをあれこれ言わなくなれば、

自分自身がどう思われているのかも

気にならなくなります

 

その結果、言いたいことだけに

集中できるようになります👍

 

今日から人の英語の「ここがまずい」を

探すことをやめ、毎日

「まぁ人間間違えない人なんていない」

と自分に言い聞かせましょう!

 

これをすれば英語で話すことに

対する恐怖心がなくなります!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

「え、何?」相手の英語が聞き取れない時の対処法

こんにちは

アンディーです!

 

今回は英語で話している時に

相手の英語が聞き取れなかった

時の聞き返しフレーズを紹介します

 

このフレーズを知っていれば

 

聞き取れなかった時にあたふた

 することがなくなります

 

✅聞き取れなかったらどうしよう

 という不安がなくなります

 

✅英会話に対して余裕を持つことができます

 

会話で使える聞き返しフレーズ

 

まず相手が何て言ってるのか

わからなくなってしまった時は、、、

 

Sorry?

 

実はこれだけどもう一度お願いします

というニュアンスになるんです。

ただこの時語尾をあげて

疑問形で聞いてみてください!

 

そうすれば相手にも

聞き取れなかったからもう一度お願い。

ということが伝わります。

 

Please once again.

これも聞き返しフレーズですね。

 

丁寧に言いたい場合は

Could you tell me it again?

これで完璧です。

 

この Could you 〜?という表現方法は

〜していただけませんか?という

とても丁寧な言い回しになるので

どんな人にでも使えて便利です。

 

なので相手にもう少しゆっくり

話してもらいたい時は

 

Could you speak slowly?

で伝わります

 

次に聞き取れてもその単語の

意味がわからない時ってありますよね?

そういう時は、

 

What does 〜(わからない単語) mean?

これで〜はどういう意味ですか?

というニュアンスになります。

 

これぐらいの言い回しさえ

できるようになれば

何も怖がることはありません!

 

この他にも色々な

表現方法はありますが

とりあえず何言ってるか

理解できない時は、

 

「自分が理解できていない」

「もう1回お願いします」

というのを伝えれば絶対に大丈夫です!

 

実際に話してみればわかると思いますが

わからないところがあれば  

ゆっくり話してくれるし

 

流暢ではない英語だとしても

しっかり自分の話を聞いてくれます! 

 

日本人だとわかってくれれば

日本の話題を出してくれる人もいます!

 

なので「あれっ?そんなに

怖がることなかった!」

となると思います!

僕もその中の一人です!

 

それに会話は口だけではなく

ボディランゲージでも

たくさんのことを伝えることができます。

 

会話の時はボディランゲージも

入れてみてください

あと笑顔も忘れずに!

 

f:id:yohei02265107:20200824102719j:image

 

そうすれば相手にいい印象を

与えることができるので

すぐに友達になれます!

           

なので外国人と話せる機会があれば

最初は緊張すると思いますが

頑張って話してみてください!

少しでも話せるととても楽しいですよ!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

面白いだけじゃない!英会話の"本質"を教えてくれる出川イングリッシュ

こんにちは

アンディーです!

 

突然ですがあなたは

出川イングリッシュ

知っていますか?

 

出川イングリッシュとは

名前から想像できるように

お笑い芸人の出川哲郎さんが話す

ユーモアあふれる独自の英語のことです。

 

  f:id:yohei02265107:20200820103802j:image

 

この出川イングリッシュの

本質を知ることで

 

英会話の本質

知ることができます。

 

逆に知らないと

いつまで経っても

話せるようになりません。

 

それくらいのことを

出川イングリッシュから

学ぶことができます。


「世界の果てまでイッテQ」

というバラエティ番組の

 

海外ロケで現地の人と

コミュニケーションを取りながら

さまざまなミッションをクリアする


「はじめてのおつかい」

という人気コーナー。

 

f:id:yohei02265107:20200820104004j:image  


出川さんはほとんど英語が話せず

繰り出される英語は出川さんが知っている

ボキャブラリーのみを使い

知っている単語を並べるだけの

 

文法を無視した一見

ハチャメチャなものです。
しかし、出川さんの英会話スタイルは

「文法とか関係ない。ハートで話す」

 

というもので、ジェスチャーを駆使し

試行錯誤しながら、持ち前の行動力と

コミュニケーション能力で見事に

ミッションをクリアしていきます。

 

  f:id:yohei02265107:20200820104129j:image


YouTubeなどで「イッテQ」や

「出川イングリッシュ」と検索すれば

動画がたくさん見つかります。

 

この出川イングリッシュの

すごいところは

 

たとえまったく

英単語が分からなくても

知っている簡単な英単語を

並べてどんどん話しかけるという

 

物怖じせずに

コミュニケーションを

とろうとする姿勢です。

 

f:id:yohei02265107:20200820104244j:image

 

日本人の多くは

いざ英語を話そうとすると、


「この文法で合っているのかな」
「単語が思い出せない」などと

困惑し、なかなか話し出せない

ということも少なくありません。

 

しかしまったく言葉が分からなくても

出川さんのように必死に

身振り手振りを加えたり

歌を歌ったりすることで

 

相手に十分伝えることができるんです!

 

例えば外国人の日本語。

文法・発音が完璧じゃないと

理解できないですか?

多分そんなことはないと思います。

 

多少文法や単語に間違いがあっても、

なんとなくニュアンスで

何が言いたいのかを以外と

理解できることが多いものです!

 

英語も同じ。

完璧じゃなくても

日本語訛りの英語でも

思ったより伝わります!

 

まずはYouTubeなどで検索して

「出川イングリッシュ」を

見てみて英会話上達のヒントを

見つけてみてください!

 

今回は以上になります

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

学校では絶対習わない英会話の常識

こんにちは

アンディーです!

 

今回は学校では

絶対に学ぶことのない

英会話の常識

お伝えします!

 

これを知ることで

 

✅英会話に対する考え方が変わります

 

✅本来の英会話の形が見えてきます

 

✅英会話への正しい知識を習得できます

 

逆にこれを知らないと

 

いつまで経っても今までの話せるように

 ならない勉強を続けてしまうことになります

 

✅「英会話って難しい」と思い込んだまま

 苦手意識がなくなりません

 

✅苦手意識が消えないので英語に対して

 自信が持てるようになりません

 

そんな学校では

絶対に学ぶことのない

英会話の常識とは、

 

会話は何通りも表現方法がある

 

ってことです。

 

例えば「サラダをください」って

言いたい時次のうち誰が正しいか

分かりますか?

 

① May I have the salada?

② I'd like some salada.

③ Could I have a little salada?

④ I'll have a salad.

 

「aとtheとsomeとa little、

どれが正しいんだ?」

「Could とMay どっちが正しいんだ?」

 

f:id:yohei02265107:20200819185012j:image

 

な〜んて考えていませんか?

結論からいうと全部正解なんです!

 

f:id:yohei02265107:20200819185037j:image

 

僕らの学校で習ってきた英語というのは

「この中で正しいものは何か選べ」

「最もふさわしいものを選びなさい」

 

みたいに「正解は一つでそれが何かを考える」

というシステムだったはずです

 

そんなシステムの中で

英語を勉強してきた僕らが

英語を話そうとすると

 

どれが1番正しいか

どの単語が最もふさわしいか

を考えてしまって一文どころか

単語すら出せなくなってしまいます

 

f:id:yohei02265107:20200819185111j:image

 

でも日本語で考えてみてください

先程例をあげた「サラダをください」

 

これって別に

「サラダありますか?」でも

「サラダいただけますか?」でも

充分伝わりますよね?

 

英会話も一緒。

何通りも表現方法が

あるってことです!

 

いかがですか?

英会話に対するイメージが

変わったのではないでしょうか?

 

f:id:yohei02265107:20200819185309j:image

 

この「英会話でも

何通もの表現方法がある」

ってことをしっかりと

覚えていてください

 

とは言っても人間とは

忘れる生き物です。

なのでこれを忘れないためにも

今すぐメモに残して

 

毎日1回はそのメモを見る

ようにしてください!

すると知識として定着し

英語を話す時

 

どれが1番正しいか

どの単語が最もふさわしいか

を考えてしまって話せなくなる

ことがなくなります!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

はじめまして!アンディーです!

 あなたが今頑張っている

    英語の勉強

 無駄になっていませんか?

 

はじめまして!

世界一周することが夢の

アンディーです!

 

留学に行きたい!

ワーホリに行きたい!

海外ボランティアに行きたい!

外国人と話せたら楽しそう!

 

f:id:yohei02265107:20200819194529j:image

 

せっかく海外に行くならもちろん

英語で話せた方がいいですよね!

そのために英語を勉強している人は

たくさんいます。

 

でも中々できるようにならないのが「英会話」

 

 英語教材を使って勉強したりオンライン英会話をしてみたり

  英会話教室に通ってみたり

  色々やっているけど、、、

 

いざ話そうとするとどう英語で

 言えばいいのか分からない。

 結果何も話せないまま、、、

 

 英会話教室には安くないお金

 かけてるのにこのまま話せる

 ようにならなかったらお金が

   無駄になっちゃう、、、

 

 

あなたはどうですか?

同じようなことで悩んでいませんか?

 

せっかくお金も時間もかけて

英語を勉強しているのに

いざ話そうとすると何も言えない…

 

でもそれは英語で話すことに慣れていない。

ただそれだけなんです。

 

普段の生活の中で

英語を見たり聞いたり読んだり

することはよくあるかもしれません。

ただ「話す」機会ってほぼないんですよね

 

だから英語を勉強していたとしても

話す時になると「え〜っと、、、」

なってしまうんです。

 

 じゃあどうすればいいの!?

 

ここでちょっと想像してみてください。

例えば、英語圏の5歳児。

英語ペラペラじゃないですか?

 

学校の先生、友達、家族と、

しっかりコミュニケーション

をとっちゃいます。

 

そんな5歳児の持つ英語の語彙数は

いくつぐらいだと思いますか?

 

f:id:yohei02265107:20200819195439j:image

 

じつは、700〜1000語

ほどと言われているんです!

 

これは、日本の中学校で習う語彙数と

ほぼ同じで、日本の高校生の約半分。

つまり、中学校レベルの英語力があれば

もう英語は話せてしまうんです!

 

    中学英語を実際に

 使いこなせるようになれば

 英語は話せるようになる

 

 

 

実は、"英会話"の本質が分かれば

英語でコミュニケーションを

とるのはそんなに難しくないんです!

 

f:id:yohei02265107:20200819195900j:image

 

僕は元々全然英語で

話せませんでした。

 

僕は「世界行ってみたら

ホントはこんなトコだった」

というテレビ番組にハマり

 

日本では体験できないことや

日本では見ることのない絶景に惹かれ、

「海外に行ってみたい!」

と思うようになりました。

 

f:id:yohei02265107:20200819200252j:image

 

そして大学生になり

時間的にも余裕がでてきて
海外に行けるチャンスがやってきます

 

いままでなんとなく
「将来海外いけたらいいなあ」
と思っていたんですけど

 

 いざ海外に行けるとなると

    足りないもの

 それが「英会話」でした。

 

    f:id:yohei02265107:20200819200547j:image 

 

海外に行くためにも

少しでも英語で

話せた方がいいよな

ということで

 

英語の勉強をしよう

と思い始めました。

ただ今まで英語の授業は

受けてきたし

 

勉強も最低限はしてきた

つまりだったので、今のままでも

「全く話せないわけではないだろう」

(話したことほとんどないのに笑)

 

と心のどこかで思っていました。

そんな中ある時外国人に

英語で話しかけられました。

 

 英語の実力を試される機会は
    突然やってくる

 

浅草に行った時に外国人に

英語で話しかけられたのですが、、、

 

話しかけられた時、

びっくりしてテンパって

相手の外国人が何を言っているのか

全く聞き取れませんでした。

 

なので「聞き取れなかったので

もう一度言って欲しい」

と言いたかったのですが、、、

 

あたふたしていて

頭が真っ白になってしまい、

何て言えばいいのか

分かりませんでした。

 

f:id:yohei02265107:20200819200828j:image

 

「、、、、、」と何も言えず、

言葉に詰まって

結局最後に出た言葉が

「I'm sorry」でした。

 

  あっ、俺ってこんなにも

  英語で話せないのか

 

       f:id:yohei02265107:20200819201145p:image

 

と自分の実力を突きつけられました。

 

英語の勉強が足りないんだと思った僕は

単語帳を使って単語を覚える

参考書を使って文法を覚える

洋楽を聴いて耳を英語に慣らす

 

などをして英語に取り組み、

そして勉強したし前よりは

話せるようになっているだろう

と思った僕は「よし、英語を話そう!」

 

と思い、大学でネイティブの先生と

英語で話しながらお昼を食べる

というイベントに参加しました。

 

しかしその時も

いざ話そうとなると

「あっ、えっ、…」

と言葉に詰まって

 

結局その日話したのは

 

       最初の挨拶

  「Nice to meet you」

 

の一言だけ。

 

その後は全然会話についていけず

何も話せず、ネイティブの先生と

他の生徒の会話をただ聞くだけで

終わりました。

 

その時、今まで勉強してきたことが

全然身になっている気がしなくて、

この勉強の仕方でいいのかな?

勉強している意味あるのかな?

 

f:id:yohei02265107:20200819201944j:image

 

って思うようになりました。

これから同じように勉強を

続けたとしても自分が英語を

話しているイメージが全然できず、

 

イメージできたのは

結局言葉に詰まって

 

   何も言えず「…」と

   あたふたする自分。

 

最初僕はこんな感じで

いざ英語を話すとなると

ほんとに何も話せなかったんです。

 

どうやったら

話せるようになるのか

全然わからなくなって

英語の勉強をやる気にもならないし

 

何してんだろ俺って感じでしたね。

そんな途方にくれてた時に

たまたま見つけた1冊の

 

 英会話の本に出会いました

 

その本では英会話に必要なのは

 

「友達が高級車に乗ってきて

これ見よがしに見せつけていた」

という状況を「He was like " Look at this」

 

みたいに状況を色んな視点からみて

色々言い換えてみること。そして

 

正しいか正しくないかではなく

  伝わるか伝わらないか

 

が英会話では大事になってくる。

と書かれていて僕は衝撃を受けました。

 

僕はこれまで英語の話し方は

正しい文法で言いたいことを

日本語から英語に直訳して話す。

だと思っていたので

 

「あ、なるほどな!そういうことか!」

とこれを機に英会話に対する

イメージが変わりました!

 

f:id:yohei02265107:20200819204705j:image

 

そしてたまたまイッテQを

見てたこともあって

出川イングリッシュにも

出会いました。

 

そこから僕は

間違えてもいいから

とにかく相手に伝わるように

話してみようをモットーに

 

     言いたいことを

  どう英語で表現するか

 

と考えるようになりました。

 

そしてまた大学でネイティブの先生と

英語で話しながらお昼を食べる

イベントに参加しました。

 

同じ失敗をしないためにも

とにかく話しました。

 

するとネイティブの先生が

僕の英語を理解しようとしてくれて、

他の人も僕をサポートしてくれて

会話に入ることができました。

 

f:id:yohei02265107:20200819205455j:image

 

文法もめちゃくちゃだったし

話すスピードもめちゃくちゃ遅かった

と思います。

 

それでもちゃんと言いたいことは

伝えられたし、会話にも入れました。

正直言ってめちゃくちゃ嬉しかったし

何より

 

 英会話が楽しかったです!

 

その後何度もそのイベントに参加し

話す練習をたくさんしました。

すると少しずつですが

話すことにも慣れてきました。

 

そして元々海外に行ってみたいと

思っていた僕はオーストラリアに

語学留学に行くことを決めます。

 

少し英語で話せるように

なったとはいえ、やはり最初は

ものすごく不安でした。

 

  f:id:yohei02265107:20200819210433j:image

 

でもいざ行ってみたら

思いの外自分の英語が伝わって

期間は短かったですけど充実した

留学生活を送ることができました!

 

f:id:yohei02265107:20200819211301j:image

 

留学中にできた外国人の友達とは、
今でもたまにSNSで連絡を取り合ったり

しています!

 

僕は英語でコミュニケーションを

取れるようになったことで

色んな国の人と交流できるようになりました!

 

f:id:yohei02265107:20200819212448j:image

 

そんな僕にはコロナが流行る前

ワーホリに挑戦しようとしていて

そのために英会話教室に通っていた

友達がいました。

 

その子の通う英会話教室

グループレッスンがメインらしく

 

グループディスカッションをしたり

ペアを作って英語で意見交換すること

が多くて話す機会はめちゃくちゃあるんだけど

言いたいことをうまく英語で言えず

 

グループディスカッションでは

何も自分の意見を言えずただ

他の人の英語を聞いてるだけ

 

ペアワークでは全然会話が続かず

ペアの人の足を引っ張って申し訳ない

 

なんか1人だけ場違い感あるし

居ても何か気まずいし

通っても全然話せるようになれる気がしない。

 

f:id:yohei02265107:20200819213204j:image

 

お金を無駄にしてる感半端ないし

「何か話すコツってないのかな?」

と相談されました。

 

 言いたいことを英語で言えず

  自分だけ会話に入れない

 

という同じような経験をしてきた僕は

何とか力になってあげたいと思い、

僕なりにアドバイスしてみました。

 

すると彼は

「あぁーなるほどね!

そうやって話せばいいのか!」

 

f:id:yohei02265107:20200819214455j:image  

 

と納得して

「何か、気持ちが楽になった!ありがとう!」

と言って帰っていきました。

 

その後どうだったのか気になった僕は彼に

「どうだった?話せた?」と聞いてみました。

すると彼は

 

「んーまだまだ全然話せるって感じじゃ

ないけどこの前よりはだいぶ話せたよ!」

 

「英語での話し方がわかったから後は

話すことに慣れるだけだ!」

 

「言いたいことが伝わって

コミュニケーションが取れると

何か嬉しいし、楽しい笑」

 

「自信持てるようになってきた!」

 

と僕に言ってくれました。

 

自己満かも知れませんが

友達のためになれたのが

すごく嬉しかったです

 

f:id:yohei02265107:20200819215129j:image

 

この経験から海外行きたくて

英語の勉強をしているけど

「言いたいことを英語で言えない」

 

そんな過去の僕や僕の友達と

同じような境遇の人に

 

英会話で必要なのは正しい発音で

正しい文法で完璧な英語を話せるように

なることではなく、

 

間違えてたとしても

日本語訛りの英語でも

 

とにかく相手に伝えようと

頑張って話してみると

あなたの英語も思いの外伝わるよ

 

ということを伝えたい。

そして英語で話せる楽しさも

知ってもらいたいです!

 

同じような苦しみが分かるからこそ、

あなたの力になれると思うんです!

 

僕のブログを読んで

自信を持てるようになって

くれたら嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!